MOI完了!
0
    JUGEMテーマ:ゴルフ

    先週は月曜日の練習ラウンド以来

    ボールを打っていませんでした。

    と言うのも、試合で使用するアイアンを

    名チューナーKURO氏に直接送って

    リシャフト&MOTチューニングをお願いしてたから。

    それまでメインで使っていたKITE TMも

    KUROさんチューンを施しすっかりそれに慣れちゃってたので

    自分に合わないクラブはとても振りにくく

    安心出来ない状況にあったのでテストラウンドを終え

    そのインプレッションをもってKUROさんに

    送った訳です。

    さて、以前から僕のブログを見ている人は知っているけど

    ここであらためてMOIマッチングとはなんぞや!を

    簡単に説明しましょう。

    アイアンを例にとりますと

    SWから3アイアンまでセットであると仮定でして、

    それぞれが、その中で一番振りやすく信頼できるクラブがあると

    思います。 8アイアンなら安心してボールを打てて

    結果は良いけど7番はなんだか、、、?とか

    ショートアイアンは得意だけどロングアイアンは、、、?とか

    打ちやすいクラブは自然と練習でも多く手に取りますし

    ドンドン上達しますが、苦手なクラブには

    中々手が伸びず、苦手意識を持ったままラウンドで使い

    やっぱりダメだった〜。っと

    確かに各クラブで長さが違い長くなる程ミート率が

    下がって来るのは事実でしょうが、その差って1番手で

    指1〜2本の差なんです。

    でも極端に当たらないクラブってありますよね!

    現在メーカーさんがリリースしているクラブは

    長さを順に長くして、重さを順に軽くして、バランスはD2

    あたりで揃えて、、、。その帳尻を合わせるために

    ヘッドを抜くとシャフトやホーゼルから大量の鉛が、、、

    で、なんで各番手で打ちやすい、打ちにくいがあるのか?

    それを色々と実験、研究した結果KUROさんは

    各番手の慣性モーメントの存在に気付きました。

    慣性モーメントって皆様ご存知だと思いますが

    ざっくり言うと
    ________________________
    物体の回転のしにくさを表す量であり、
    回転運度の変化(回り出す、止まる)
    のしにくさを表す量って事になります。
    ________________________

    クラブは棒(シャフト)の先にヘッドがくっついてて

    その重心はシャフトの重心とは異なる為

    テイクバックで一度動き出した(外向きに回転しだした)ヘッドが

    インパクトでスクエアも戻りにくいかもどりやすいか?

    みたいな、、、、分かる?(笑)

    そりゃスクエアに戻った方がいいよね!

    でもクラブも構造上先に言った様に

    そもそもシャフトとヘッドの重心位置が違うので

    素直にその位置には戻りません。

    でも一度戻り出し回転を始めたヘッドは今度は中々

    止まってくれません。そのパワーもあって

    ボールが遠くに飛ぶのですが、

    スクエアにインパクトを戻すのは難しいんです。

    だからゴルフは難しいとも考えられます。

    最近ドライバーの慣性モーメントの大きさを売りにしている

    商品も沢山ありますが。慣性モーメント大=飛距離

    見たいに思われていますが、全ての人にその大きな

    慣性モーメントが合うか?というとそうではありませんよね。

    僕みたいにパーシモンで(慣性モーメント小さい)で打ってた

    人間はしっかりヘッドを操作する必要があります。

    ギリギリまでフェイスを開いておいてインパクトでシャープに

    戻す、、、みないな、、、

    これをチタンでやると開いたヘッドがスクエアに戻る前にボールに

    当たって右にフケたり、意識しすぎると一度動き出した

    大きな慣性モーメントのヘッドは止まらなくって回り過ぎて

    ひっかけたり。。。。

    でも手で操作しなければ真っすぐ遠くに飛んでってくれるのが

    現代のクラブです。

    でも他のアイアンはそこまで慣性モーメントが大きくなく

    多少操作が必要だったり、アイアンの中でも番手で

    慣性モーメントにズレがあれば番手毎に

    理解して操作しなければなりませんん。

    これって凄く複雑な事だと思います。

    どの番手でも同じフィーリングでクラブを振れるのが理想ですよね。

    番手ごとにヘッドを開発しているメーカーも沢山ありますが

    この慣性モーメントに関してはノータッチが多いですね。

    その慣性モーメントを自分の一番振りやすくクラブに

    合わせてくれるのがKUROさんのMOIマッチング

    MOIと言っても大きく分けて2種類あって

    シャフト軸回りのヘッドMOIと、

    グリップエンドを中心とするクラブMOI

    があるのですが、

    KUROさんが今回僕に合わせてくれたのは

    グリップエンドを中心とするクラブMOIを

    施していただきました。

    どれか一つの番手でボールを打てば、その後は

    ほんとに素振りが要りません。

    素振りによって無意識にシャフトのしなりや慣性モーメントを

    体で感じてるのですが、それこそ必要ないくらいにどの番手でも

    同じフィーリングでボールが打てるのです。

    もちろんミスはありますよ。

    そのミスはクラブが自分に合ってないのではなく

    自分の判断やスイングミスって事でクラブに対する信頼を

    無くして、買い替える、、、なんて事は少なくなってきます。

    まー有る意味お財布にエコですな(笑)

    プロならどんなクラブでも瞬時にそのクラブの特性を感じて

    ボールを打てますが、僕達の様に毎日練習出来ない状況の

    ゴルファーこそ、このMOIマッチングが必要だと思っています。

    現状テストに向けて慣性モーメントの大きなチタンドライバーを

    使っていますが、本来僕はあまり大きな慣性モーメントを

    好むタイプではありません。(それだけリストを使うって事かな?)

    なので、ドライバーだけ慣性モーメントが大きいのですが、

    それを知っているだけで、対処方法を知る事ができます。

    KUROさんこれで安心してテストに臨めます!

    いつもありがとうございます。


    それでは最後に今回のアイアンスペックはコチラ↓
    (2620Kg-cm2ってのが僕の好みの慣性モーメント。素晴らしく揃っています!)
    #4 ロフト24゜ライ60゜ 38.27inch 411.5g C6.3 306cpm 2620kg-cm2

    #5 ロフト27゜ライ60.5゜ 37.81inch 417.8g C7 310cpm 2620kg-cm2

    #6 ロフト31゜ライ61゜ 37.38inch 425.9g C7 318cpm 2620kg-cm2

    #7 ロフト35゜ライ61.5゜ 36.93inch 433g C7.6 323cpm 2620kg-cm2

    #8 ロフト39゜ライ62゜ 36.53inch 440.3g C7.8 328cpm 2620kg-cm2

    #9 ロフト43゜ライ62.7゜ 36.06inch 449.5g C8.2 335cpm 2620kg-cm2

    48゜ ロフト47゜ライ63゜ 35.68inch 454.6g C8.7 337cpm 2620kg-cm2




    カテゴリ:KURO-MOIマッチング | 09:10 | comments(2) | - | - | - |
    | 1/1PAGES |